news_image
group show “Hirano Art Gallery Collection”

| Exhibitions, Informations

4月3日から5月5日まで静岡県浜松市の Hirano Art Gallery で開催される展覧会『ヒラノアートギャラリー Collection展』にて、strokes シリーズから小作品を数点出展します。
また、オープニングの4月3日のトークイベントにも参加する予定です。

—-
『ヒラノアートギャラリー Collection展』

日時:2021/4/3(SAT)- 5/5(WED)
土日祝開廊(*月-金曜休廊)
※4/29、5/3-5は開廊
OPEN 10:00 CLOSE 17:00 
場所:Hirano Art Gallery
(静岡県浜松市中区元浜166 平野美術館1F)

【オープニングイベント】

 トークイベント 2021/4/3(SAT) 16:00〜 [参加無料]
 ○要予約30名限定
 パーティー 同日17:00~ [参加無料]

【新型コロナウイルス感染予防ご協力のお願い】

・発熱や咳、だるさなどの症状があるお客様は、ご来廊をご遠慮いだだきますようお願い申し上げます。
・ご来廊時に、非接触の体温計にて体温測定をさせていただく場合がございます。
・マスクの着用と、ご来廊時に入口で手指のアルコール消毒をしていただきますようお願い申し上げます。
・ギャラリー空間内が混雑した場合、入場制限をする場合がございますのでご了承ください。

【お問い合わせ先】
株式会社丸八エンターテインメント
TEL:053-424-5311
MAIL:info@08ent.com
WEB:http://08ent.com

I am participating in a group show "Hirano Art Gallery Collection" from 3rd April to 5th May at Hirano Art Gallery in Hamamatsu, Shizuoka. I will show some small works including the Strokes series. Also I will join the talk event held at the opening on 3rd April.

—-

“Hirano Art Gallery Collection”

Hirano Art Gallery
(Hirano Art Museum 1st floor)
OPEN 10:00-17:00
(weekends and public holidays)

news_image
掲載情報:美術手帖

| Informations, Media

静岡県伊豆市で開催された展覧会『Cliff Edge Project -躍動する山河-』。
美術手帖オンラインにて、愛知県美術館学芸員の副田一穂さんによるレビューが掲載されています。

The review of the exhibition "Cliff Edge Project" that I participated ran in The Bijutsutecho Online.

news_image
伊豆市資料館

| Informations

静岡県伊豆市で好評開催中の展覧会『Cliff Edge Project -躍動する山河-』。
常設作品となる壁面作品もついに完成しました。
会期もいよいよ今週末まで。
ぜひ中伊豆にお越しください。


---

Cliff Edge Project 躍動する山河

開催期間:2021年1月31日(日)~2月28日(日) 29日間・会期中無休
開館時間:9時~16時
入場料:無料(第一会場は入場料が必要です。大人 210円、高校生以下 100円、未就学児 無料 ※20名以上で団体料金あり)
(第一会場)伊豆市資料館 (静岡県伊豆市上白岩425-1) 駐車場は伊豆市資料館の駐車場をご利用下さい
展示作家:
(第二会場)上白岩遺跡 (静岡県伊豆市上白岩字外畑)
(第三会場)大宮神社 (静岡県伊豆市上白岩422)
主催:クリフエッジプロジェクト
支援:静岡県文化プログラム推進委員会(静岡県文化プログラム地域密着プログラム事業)
後援:伊豆市教育委員会、伊豆の国市教育委員会、伊豆半島ジオパーク推進協議会、株式会社FM IS、静岡大学未来社会デザイン機構
助成:公益財団法人 花王 芸術・科学財団、公益財団法人 野村財団、公益財団法人 福武財団(2020年度 地域振興助成「アートによる地域振興助成」)
協力:伊豆市上白岩元村の皆さん、一般社団法人平成森鮮組、NPO法人ステキなごえん、北狩野造園工務株式会社

news_image
Cliff Edge Project -躍動する山河-

| Informations, Exhibitions

静岡県伊豆市で1月31日(日)から2月28日(日)まで開催される展覧会「Cliff Edge Project ~躍動する山河~」に参加します。
この展覧会は、伊豆半島の自然資源や災害の歴史を紐解き、次の世代に伝承していくのが目的で、自然への畏怖や祈り、災害と向き合ってきた人間の姿を作品化していきます。
清水は、伊豆市資料館にて映像を中心とした新作のインスタレーション作品に取り組みます。


---

Cliff Edge Project 躍動する山河

開催期間:2021年1月31日(日)~2月28日(日) 29日間・会期中無休
開館時間:9時~16時
入場料:無料(第一会場は入場料が必要です。大人 210円、高校生以下 100円、未就学児 無料 ※20名以上で団体料金あり)
(第一会場)伊豆市資料館 (静岡県伊豆市上白岩425-1) 駐車場は伊豆市資料館の駐車場をご利用下さい
(第二会場)上白岩遺跡 (静岡県伊豆市上白岩字外畑)
(第三会場)大宮神社 (静岡県伊豆市上白岩422)
主催:クリフエッジプロジェクト
支援:静岡県文化プログラム推進委員会(静岡県文化プログラム地域密着プログラム事業)
後援:伊豆市教育委員会、伊豆の国市教育委員会、伊豆半島ジオパーク推進協議会、株式会社FM IS、静岡大学未来社会デザイン機構
助成:公益財団法人 花王 芸術・科学財団、公益財団法人 野村財団、公益財団法人 福武財団(2020年度 地域振興助成「アートによる地域振興助成」)
協力:伊豆市上白岩元村の皆さん、一般社団法人平成森鮮組、NPO法人ステキなごえん、北狩野造園工務株式会社

※ 新型コロナウイルス感染症の状況によって、予定が変更となる可能性があります。
※ 変更となった場合は、当ウェブサイトでも随時お知らせさせて頂きます。

I am participating in the exhibition "Cliff Edge Project" from 31th January to 28th November, which takes place in Izu-shi, Shizuoka.
I will show my new video installation piece at the Izu Local History Museum.

news_image
富士の山ビエンナーレ2020

| Informations, Exhibitions

富士市、静岡市、富士宮市の3市で開催する「駿河の国の芸術祭 富士の山ビエンナーレ2020 私たちの愛するこの街が止まらないように、」。
清水は、富士川エリアの 小休本陣 常盤家住宅主屋 にて、文字と室内温度変化を扱った新作のインスタレーションに取り組みます。

2020年10月24日(土)~11月23日(祝)の土日祝日のみ、10:00から16:00まで開催となりますのでご注意ください。
観覧は無料ですが各会場へのご入場には入場パスが必要です。

詳しくは 富士の山ビエンナーレ2020 のwebサイトをご覧ください。

http://fujinoyama-biennale.com/

---

富士の山ビエンナーレ2020
私たちの愛するこの街が止まらないように、


2020年10月24日(土)~11月23日(祝)の土日祝日のみ
* 文具の蔵 Rihei「庄の蔵」は10/31から
10:00から16:00まで開催

観覧は無料ですが各会場へのご入場には入場パスが必要です。

《インフォメーションにて、お名前/ご住所/連絡先のご記入、マスク着用/検温のチェック後にお渡しします》

アーティスト:赤堀 里夏/荒木 由香里/飯田 竜太/市川 平/いらはら みつみ/大洲 大作/大野 公士/大輪 龍志/かうぉ a.k.a.すしじょじょ/小曽川 瑠那/衣 真一郎/ジェームズ・ジャック/ジェボーン・チャンドラ/清水 玲/中島 崇/羽山 まり子/ホガリー/ 松蔭 浩之/水谷 一/吉野祥太郎

会場 : 静岡県 富士市 / 静岡市 / 富士宮市

主催:富士の山ビエンナーレ実行委員会
協賛:みやしん地域振興協力基金
静岡県文化プログラム地域密着プログラム事業

I am participating in the exhibition "Fujinoyama Biennale 2020" from 24th October to 23th November, which takes place in 3 cities; Fuji, Fujinomiya and Shizuoka.
I will show my new installation piece using texts and a change in temperature in the space which is an old wooden house built in 160 years ago.

LICC 2019 Winner Interview

| Informations

換字によるプロジェクト"altering letters"が、London International Creative Competition 2019 において“Artist of the Year”を受賞。
LICC webサイトにて受賞者インタビューが公開されました。

The interview Ryo Shimizu, Winner of the Artist of the Year title at LICC in 2019 has been launched.

“While letters create points of contact with others, they also have the hidden potential of dividing. I am interested in this ambiguity of letters.”⁣

To access the whole interview you will find the link.

news_image
group show “Drawings 16 Artists”

| Exhibitions

7月10日から8月30日まで LOKO GALLERY で開催されるドローイングのグループ展に参加します。
LOKO GALLEYに由来のある16名の作家による、最新のドローイングの展覧会です。
清水は、気温の変化に応じて発消色する"thermochromic drawing"、3200年前(縄文時代)の火山炭を用いた"suminawa"の2種5点の新作ドローイングを出展します。

---
参加アーティスト(順不同)

- 和田昌宏
- 森夕香
- 戸張花
- 幸田千依
- 藤堂
- 青野セクウォイア
- 清水玲
- 安部悠介
- 加茂昂
- 影山萌子
- 佐々木成美
- ヴィレ・アンデション
- 平松麻
- 永畑智大
- 佐塚真啓
- 青木聖吾

ドローイング展

DATE: 2020-07-10 [Fri] - 2020-08-30 [Sun]
OPEN TIME: 11:00-19:00
CLOSE DAY: 日(完全予約制)・ 月・祝

I am participating in the group show "Drawings 16 Artists" starting from 10th June to 30th August at LOKO GALLERY in Daikanyama, Tokyo. This exhibition is the “Drawing Exhibition” of the work of 16 artists.
I will show two types of five new works. One is "thermochromic drawing" that the color will change depending on the air temperature, and the other is "suminawa(inking lines)" that the drawing using a volcanic charcoal 3,200 years ago(Jomon era).

Participating Artists(random order)

- Masahiro Wada
- Yuka MORI
vHana TOBARI
- Chie KODA
- Todo
- Sequoyah AONO
- Ryo SHIMIZU
- Yusuke ABE
- Akira KAMO
- Moeko KAGEYAMA
- Narumi SASAKI
- Ville Andersson
- Asa HIRAMATSU
- Tomohiro NAGAHATA
- Masahiro SATSUKA
- Seigo AOKI


Drawings 16 Artists

DATE: 2020-07-10 [Fri] - 2020-08-30 [Sun]
OPEN TIME: 11:00-19:00
CLOSE DAY: Sun (by appointment only), Mon and National holidays

2020 Exhibition information

| Informations, Exhibitions

『するがのくに芸術祭 富士の山ビエンナーレ2020』
会期:2020年 10月24日(日) 〜11月23日(月・祝)
会場(清水玲作品の展示場所):小休本陣 常盤家住宅主屋
URL:http://fujinoyama-biennale.com/

『Cliff Edge Project|躍動する山河』
会期:2020年8月30日(日)〜9月26日(土)→ 2021年2月に延期
会場(清水玲作品の展示場所):伊豆市資料館
URL: https://shizuoka-ac.org/program/det?id=5386&language=fr

“SURUGANOKUNI ART FESTIVAL FUJINOYAMA BIENNALE 2020”
Date: 2020.10.24.(sun) -11.23(mon)
Site(The place to exhibit in Shimizu’s work): Koyasumi Honjin Tokiwa-house, Fuji, Shizuoka
URL:http://fujinoyama-biennale.com/

“Cliff Edge Project|The dynamic mountains and rivers”
Date: 2020.8.30(sun)-the date extended to 2021.2.
Site(The place to exhibit in Shimizu’s work): Izu City Museum
URL: https://shizuoka-ac.org/program/det?id=5386&language=fr

news_image
The LICC Artist of the Year 2019

| Informations

換字によるプロジェクト"altering letters"が、London International Creative Competition 2019 において最高賞である“Artist of the Year”を受賞しました。

My projects of "altering letters" has been awarded the “Artist of the Year” of the London International Creative Competition 2019.

My website has recently been renewed.

| Informations

ウェブサイトをリニューアルしました。

My website has recently been renewed with a refreshed design.
The website was designed to be easy to understand and read for viewer to lean about my projects well.
It also supports smartphones and tablet devices.

I will continue to improve the contents our our website.
Please enjoy the new website with new content added.

news_image
interview : kaokoma.com

| Media

日本のアート、カルチャー、ファッション、サイエンスについて情報を発信するメディア「kaokoma.com」にてインタビューが掲載されました。
好評開催中の伊豆大川での個展「Something about a room not having a floor」の様子を中心に、作家になる経緯やこれまで取り組みなどについてお話しさせていただきました。ぜひご覧ください。

news_image

5月1日(火) から 5月28日(月)まで静岡県の伊豆大川にある ヒロ画廊 伊豆大川 にて個展「something about a room not having a floor」を開催します。本展は伊豆半島全域の自然と人と文化をテーマに発刊されたアート巡礼誌「is」への参加企画展でもあります。
本展のタイトル「something about a room not having a floor」は、ゲレット・バージェスの戯れ歌『The Floorless Room』から着想を得ています。〈部屋〉や〈床〉を社会やその基盤に見立て、中庭を持つ回廊型のギャラリー空間を利用したインスタレーションが展開します。

- - -
清水玲 "something about a room not having a floor"

会期:2018年5月1日 [火] 〜 28日 [月]
開場:金・土・日・月 [定休日:火・水・木] ※ 5月7日までは無休
時間:11:00 ~ 17:00
オープニングレセプション:5月3日(木・祝)15時〜
会場:ヒロ画廊伊豆大川
   〒413-0301 静岡県賀茂郡東伊豆町大川185-1
電話: 03-3574-0545

I am having a solo show starting from 1st to 28th March at HIRO GALLERY IZUOKAWA in Higashiizu cho, Shizuoka prefecture.This exhibition is participating in a new launched art magazine “is,” which focuses on the nature, people and culture in the entire Izu region.
The title for this exhibition, “something about a room not having a floor” is an idea gotten from a limerick “The Floorless Room” by Gelett Burgess. Likening ‘room’ and ‘floor’ to the society and its foundation, an installation will be represented utilizing the gallery space that has a courtyard.

- - -
Ryo SHIMIZU "something about a room not having a floor"

Term: May 1st [tue] – 28th [mon], 2018
Open: Fri – Mon [Closed: Tue – Thu] ※ Open everyday until May 7th
Hours: 11:00 – 17:00
Opening Reception : 15:00~, May 3rd [thu, hol]
Venue: HIRO GALLERY IZUOKAWA
185-1 Okawa, Higashiizucho, Kamo, Shizuoka, Japan 413-0301
Tel: +81-3-3574-0545

news_image
Solo show “grassroots prophet”

| Exhibitions

1 月 16 日(火) から 2 月 15 日(木)まで東京・代官山の LOKO GALLERY で個展「grassroots prophet」を開催します。
本展は第10回恵比寿映像祭「インヴィジブル」との地域連携プログラムとして、LOKO GALLERYが日本とイスラエルのアーティストによる2つの個展をキュレーションした企画「Displace」の1つめの展覧会でもあります。
本展のタイトル「grassrootsprophet(草の根の、名もなき預言者)」は、逆因果、つまり過去が現在や未来に影響を及ぼすのではなく、未来が過去に影響しているとしたら、私たち一人ひとりの存在はどのように過去に影響しているのだろうか、ということを清水がふと思いついたことがきっかけになっています。
今回の個展では、台湾でのレジデンスをきっかけに知り合った、日本統治時代の台湾で生まれた"湾生"と呼 ばれる日本人へのインタビューを基に、「逆さ歌おばあちゃん」として知られる中田芳子さんとのセッションなども取り入れた映像作品を中心に、2層吹き抜けのギャラリー空間を利用したインスタレーションを展開します。

---
清水玲
grassroots prophet

2018 年 1 月 16 日(火) - 2 月 15 日(木)

[火 - 土] 11:00 ‒ 19:00
[日・月・祝] 休廊

[アーティストトーク]
2月10日(土)19:00 -
ゲスト:小澤慶介 氏

第 10 回 恵比寿映像祭
「インヴィジブル」
地域連携プログラム「Displace」vol.1

I am having a solo show starting from 16 January to 15 February at LOKO Gallery in Daikanyama, Tokyo.

This exhibition is also the first exhibition of "Displace" the gallery curated two solo exhibitions by Japanese and Israeli artists as the partnership program of The Yebisu International Festival for Art & Alternative Visions "Invisible".
The title of this exhibition, "grassroots prophet" (nameless prophet) came from the idea that I thought of about "a reverse causal relationship", that is, the past has no influence on the present or the future, and if the future is affecting the past, how ordinary people like us influence the past?
In this exhibition, I mainly considers the interviews with "Wansei"(Japanese who was born in Taiwan during the Japanese colonial era) whom the artist met during in the artist residency in Taiwan. I will also show a session with a Wansei, Ms.Yoko Nakada, known as "Reverse singing grandma" and the video work in the installation using the multi-layered structure of the gallery space.

---
Ryo Shimizu
grassroots prophet

16 Jan. Tue. - 15 Feb. Thr. 2018
Open: Tue- Sat 11:00 - 19:00
Closed: Sun, Mon

Artist Talk
10 Feb. Sat. 19:00 -

Yebisu International Festival
for Art & Alternative Visions 2018
"Mapping the Invisible"
The partnership program “Displace” vol.1

news_image
Commission work: いもやゐも蔵

| Informations

2017年11月にオープンした静岡市清水区にある「大學芋専門店 いもやゐも蔵 エスパルスドリームプラザ店」のコミッション・ワークとして換字の作品「altering letters」を制作、店舗内装もあわせて担当させて頂きました。近くにお越しの際はぜひお立ち寄り下さい。

---
大學芋専門店 いもやゐも蔵 エスパルスドリームプラザ店

住所:静岡県静岡市清水区入船町13-15 エスパルスドリームプラザ1F シーサイドストリート
営業時間:10:00 - 20:00 (年中無休)

news_image
group show “PUNK PICASSO 10”

| Exhibitions

5月1日から31日まで、伊豆高原の元保養所がリノベーションされた複合型のアートスペース「伊豆高原BAUHAUS(バウハウス)」

にて開催されるグループ展 "PUNK PICASSO 10" に参加します。

清水は、『消極的で積極的な意思表示』と題した、過去作を含めたいくつかの小作品やこれまでの展示で使用したものなどを再構成したインスタレーションに取り組んでいます。

---
開催場所:伊豆高原 BAUHAUS (〒413-0234 静岡県伊東市池 893-97)

開催期間:2017年5月1日(月)~5月31日(水)

開館時間:10:00-16:30 火曜休館(5月2日を除く)


出展作家:m.yam(陶芸)、岡部 稔(写真)、清水 玲(現代美術)、住 康平(現代美術)、行貝 チヱ(写真)ピメリコ(現代美術)、前野 悦子(彫刻)、村上 奨(陶芸)、むらまつ りか(立体造形)、山田 ミノル(現代美術)
主催:PUNK PICASSO 10 実行委員会
共催:伊豆高原アートフェスティバル
企画:舘野茂樹(伊豆高原 BAUHAUS 館長)
本展に関するお問い合わせ:080-5900-0325(舘野)

内覧会:4月30日15:00-19:00 どなたでも参加できます
(1ディッシュor1ボトルをご持参ください。)
その他のイベントはFacebookにてお知らせいたします。

https://www.facebook.com/events/421104388263638/

I am participating in the group show "PUNK PICASSO 10" from 1 to 31 May at IZUKOGEN BAUHAUS in Izu peninsula, Japan.

news_image

1月25日から2月28日まで台湾・高雄で開催される "2017好漢玩字, The Delight of Chinese Character Festival 2017" に出展します。
清水は1月上旬から約3週間ほど滞在し、『altering letters』の新作を発表します。



---

2017好漢玩字
The Delight of Chinese Character Festival 2017


会期:2017年1月25日〜2月28日
会場:駁二藝術特區 蓬萊倉庫群 B3-B4倉庫
   PEIR-2 Art Center #B3-B4

入場:149元
時間:月曜〜木曜:10:00-18:00、金曜〜日曜・祝日:10:00-20:00

I am participating in the exhibition "The Delight of Chinese Character Festival 2017" from 25 January to 28 February in Kaohsiung, Taiwan.
I will stay in Kaohsuing from the beginning to end of January to produce my new installation piece "altering letters".

© ryoshimizu.jp

 Page Top